“小江戸”川越の由緒正しき人妻風俗

川越市の街並み
川越(かわごえ)は、埼玉県南西部に位置する人口約35万人の街です。「小江戸」と言われる川越ですが、都心から1時間で行けるということもあり、観光スポットとしても名高いエリアです。大河ドラマの舞台にもなり有名になりましたよね。景観保護の意識が強いのか地方都市としては珍しく高いビルはあまり見当たりません。

平屋と、蔵造りの街並みが下町の雰囲気を醸し出しています。商店街の人々を中心に街づくりにも力を入れているので、それぞれのお店に活気が見られます。

駄菓子横丁、時の鐘、喜多院などが有名ですね。ドラマで有名になった「時の鐘」の鐘の音は、6:00、12:00、15:00、18:00の合計4回一日に聞くことができます。 この時間に蔵造りの町並み周辺にいれば、鐘の音を聞くことができるでしょう。食べ物だと、いも恋、紫芋ソフトクリームが有名です。食べながら観光というのもいかがでしょうか。

昼はそんな観光名所を回り、夜は風俗で性欲発散というスケジュールで1日を充実させることをオススメします、川越は熟女・人妻系を中心にデリヘルが充実しているエリアです。都心に近く埼玉県の中でも安心して遊べる風俗店があり多くの人で賑わっています。東武鉄道や西部鉄道がありベットタウンとしても人気のある街なのですが、周辺地区のさいたま市や、上尾市などから働きにやってくる女性も多く、その容姿はサービス精神はピカイチ。

川越駅周辺と国道沿いにはラブホテルがあるため風俗のデリヘルを呼びやすくなっているのも特徴のひとつです。気軽に来れる川越、是非遊びに来てくださいね。

川越の人妻風俗はさつまいもスイーツと同じく甘~い味わい


川越の人妻系の風俗へと、さつまいものスイーツを美味しくいただく。江戸時代からサツマイモの産地として有名だったこの町にはサツマイモを使ったグルメやスイーツがたくさん。中でも『いも恋』は人気で絶品。川越のさつまいもスイーツと、人妻風俗をたっぷり味わう!

家族に内緒で川越へ遊びに行った。本当の目的は後で話すがまずは人気店『果匠右門』へ。こちらの人気商品といえば『いも恋』だ。いも恋はさつまいもと粒あんをもち粉の生地で包んだお饅頭。昔懐かしい味の絶品スイーツなのだ。ちなみに江戸時代からサツマイモのことを「川越イモ」と呼んでいたというほど、産地として有名だったのが川越の町。僕は嫁や子供たちがきっと喜ぶだろうと、この『いも恋』をお土産に買って帰ることに。
では、いざ本題に。そう、この町に来た本当の目的は人妻デリヘルで遊ぶこと。元々、デリヘルと人妻が大好きだった僕だか、結婚して子供も生まれ、長らくそういった遊びをしてなかった。しかし、子供も大きくなり、休みの日も一人の時間が作れるようになったのだ。しかし、地元でデリヘル遊びをするのは誰に見られてるかわからないので、ここ川越まで遊びに来たのだ。

さっそく人気の人妻風俗・デリヘル『あげまんラブストーリー』に電話した。なぜこのお店にしたかというと、まずインパクトのある店名に惹かれた。あと、ネットで調べてみても人気のお店だということも分かり、ここしかない!と思ったからだ。しかも料金が安いというのもこのお店の魅力の一つ。45分9500円から遊べるという低料金。しかし、安いだけに女性のレベルは低いんじゃないか?という不安があったが、実際にやって来た人妻さんを見てびっくり!この低料金でこんなベッピンさんが来るのか!と度肝を抜かれた。もちろん、度肝だけでなく、あっちの方も気持ち良くしっかりとヌイてくれた。妻には仕事で川越に行って来たと嘘をついて、お土産の『いも恋』を渡して喜ばせ、人妻風俗・デリヘルに行ったことへのアリバイ対策にした。